フクシマを核の終わりの始まりに

トップページ > コラム > 「防災&ウォーク」にブース参加しました

21年前阪神淡路大震災により大きな被害を受けた宝塚市では、毎年追悼の集いが開催されます。
私たちも協力者グループとともに、宝塚市の末広中央公園でおこなわれた ~1・17語りつぐ震災~「防災&ウォーク」 にブース参加しました。

再生可能エネルギーは災害時にチカラを発揮します。
ソーラーパネルやソーラークッキングやソーラーランタン(充電機能つき)は、お日さまが照っておれば、結構なエネルギー源になります。
防草発電シート ソーラークッカー

さらに、薪パワーのすごいこと。一斗缶とアルミの筒でストーブを手作りしたら、調理が始められます。宝塚すみれぼたん鍋(しし肉)をみんなで賞味。

コンロ マキコン 宝塚すみれぼたん鍋

来場者はおっかなびっくりの薪割り体験を、でも、とても楽しんでおられました。
インストラクターに薪割り指南を受け、REPTのメンバーも薪割りガールズ(ホンマかいな?)に変身。

理事長の薪割り 副理事長の薪割り
訪れた市の防災課の方々にソーラーランタンの避難所への配備をお願いしたりもして、2度と起こってほしくない災害ですが、備えの大切さをアピールできたと思います。

集合写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ