フクシマを核の終わりの始まりに

トップページ > コラム > ソーラーシェアリング市民農園にサツマイモ植え付けました

ソーラーシェアリングとは、農地の上空にソーラーパネルを間隔を空けて設置し、その下で農作物を育てる、太陽の光をシェアする仕組みです。
宝塚市北部西谷地区では、農業の継続発展と再生可能エネルギー普及を同時進行形で実行しています。
5月14日に、ソーラーシェアリングKOYOSI市民農園にてサツマイモの植え付けを行いました。
急に夏日になった晴天の下、暑い農作業もパネルの影のおかげでかなり緩和されました。

P1020375_R P1020381_R P1020389_R P1020398_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ